• 総合トップ >
  • セントラル浄水器「ACWITH(アクウィズ)」

セントラル浄水器「ACWITH(アクウィズ)」

AdobeStock_33807731.jpg

水道水には、雑菌の消毒のために必ず「塩素」が含まれています。塩素は殺菌消毒剤であるため、生活にさまざまな悪影響を与えている可能性があります。
また、塩素によって発生する発がん性物質「トリハロメタン」も大変懸念されています。
水道水に含まれる有害物質を取り除き、安全性を高めて、多くの方の健康にお水で貢献したい。多くの方に健康な生活を送ってほしい、そんな思いから、セントラル浄水器ACWITHは生まれました。
あなたとあなたの大切な人に、ACWITHが豊かな水健康生活をお届けします。

 

 

 

 

人もペットもみんな使える「家中まるごと浄水」

inthehouse.jpgのサムネイル画像

セントラル浄水器「ACWITH」なら、「家の水全て」を浄水し、塩素を除去します。

だから、安心して水道水が色々なことに使えます。
 
設置場所はご自宅の水道メーター付近で水道管の元に取り付けます。

ACWITHは、元付型のセントラル浄水器カテゴリーで、日本最小サイズを実現しました。(2017年7月現在)
純国産の大容量フィルターで4人暮らしのご家庭で使う1年分以上の水道量をしっかりと浄水します。

 
 

塩素の影響


日本の水道水に必ず含まれている「塩素」。
塩素は「次亜塩素酸ナトリウム」という物質で、一般的に消毒剤として使われています。

強力な殺菌力と酸化作用を持ち、雑菌を減らす効果がある一方で人や動物の体、食物に対しても様々な影響があります。

ensojyokyo-title.jpg

ペットのシャンプー

AdobeStock_74375315.jpg

25per.jpg

犬猫の病気として最も多い「皮膚炎」。アトピー性、アレルギー性など様々な要因があります。飼い主ができる予防は適度にシャンプーを行い、肌を清潔に保ってあげること!

ACWITHなら、低刺激で肌に優しく、負担がかかりません。
大切なペットの皮膚をしっかり守りながら清潔にします。

 

 

観賞魚の飼育水

koibeta.jpg

塩素中和剤の使用や、汲み置きが不要になり、手間がかからなくなります。塩素は、魚のエラの細胞破壊や、粘膜を損傷させてしまいます。また、バクテリアを死滅させることで、水質悪化の原因にもなります。そのため、魚を飼育する上で塩素を除去することは欠かせません。

ACWITHなら塩素の害から、熱帯魚やきんぎょを守るだけではなく、塩素以外の不純物も除去しているので、より自然環境に近づき、健康が維持しやすくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 

バスルーム(お風呂やシャワー)

bathroom.jpg

hada-image.jpg塩素は皮膚のタンパク質を攻撃し、バリア機能を低下させてしまいます。その結果、水分が失われやすくなり、「カサカサ」や「かゆみ」が起きやすくなります。

また、シャワーやお風呂のお湯から感じる「塩素」のニオイ。それは、塩素が空気中に蒸発している証拠です。塩素は温水によって揮発しやすくなり、バスルーム内に充満してしまいます。長時間にわたり呼吸から肺の細胞壁や体内に塩素が直接取り込まれることによる健康被害も懸念されます。

 

シャンプー

AdobeStock_115835461.jpg

塩素は、髪の毛のタンパク質も攻撃し、キューティクルにダメージを与えてしまいます。キューティクルが剥がれてしまうと、水分が逃げやすくなり、「パサつき」や「変色」の発生につながります。

ACWITHで塩素を取り除いたシャワーなら、キューティクルをしっかり守り、潤いをキープしやすく、サラサラの髪を維持します。

 

 

 

ACWITHなら家の中の水を全て浄水しますので、この他にも様々な用途でお使いいただけます。

others.jpg

製品概要

ACWITH_image.jpg

製品名 セントラル浄水器「ACWITH(アクウィズ)」
通水量 最大30L/分
サイズ 直径179mm×高さ325mm(突起部除く)
口径 20A
本体材質 SUS304
ろ材の種類 不織布、活性炭
総ろ過水量 500t(JIS S 3201試験結果)
本体空重量 3.5kg

 

 

 

お申し込みはこちら

ACWITHはレンタル製品となります。
レンタルサービスはマーフィードグループ会社のMHC株式会社へお申し込みください。
 

MHC-ban.jpg

MHC株式会社
https://mhc-inc.jp/acwith/#cost
TEL. 0120-37-1132

 

 

 

 



前のページへ戻る

ページトップへ